名古屋のAGA研究者

AGAとは誰でもがなりえる頭皮の健康障害です。不潔にしていたり、栄養がちゃんと行かないと、禿げになってしまいますよ。

AGAの未来

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略であり、基本的に後頭部または前髪のハゲのことを言います。

後頭部のハゲとは円形にはげることであり、通常てっぺんハゲとも言われ、おっさんに多く、バーコードのように横の髪の毛を伸ばして隠すことが多くあります。

その事をバーコードはげと呼ぶこともあります。

前髪のハゲとは、前髪がM字に禿げることをいいます。

前髪がドンドン後退し、いつの間にかでこでM字を書いているように見えてしまいます。

このようにAGAは二種類に別けられますが、多くの人は歳を重ねれば禿げ上がるのはしょうがないと思い、対処しなくなってしまいます。

実はAGAは人によって治る可能性があります、しかしほっとくとAGAはどんどん悪化していってしまいます。

というのも、はげは毛穴が緩んできたり、髪の毛が細くなるため、早く髪の毛が抜けてしまうのです。

そして、この状況は何かしら状況を変えない限り、良くなる事はないため、あとはどんどん周りの毛穴も弱っていくのを待つだけとなります。

そんな状態が嫌であれば、早いとこ治すための努力をするのが一番でしょう。

ちなみに、AGAとは病気の一種と言っても過言ではありません。

そのため、AGAの人専用の病院も存在するほどです。

ですから、病院に行くのを恥ずかしがらなくてもいいのです。

それでも病院に通うのが恥ずかしいと言う人もいます。

そんな人はご自身で、ご家庭で薬用シャンプーや育毛の液体など様々なものに挑戦してみてもいいかもしれません。

そうすることにより、あなたの髪の毛や毛穴もなんとなく回復してくるかもしれません。

はじめてのAGA<名古屋>